*船上にて* 若竹 七海

船上にて
若竹 七海 / / 立風書房
スコア選択: ★★★★

時間

タッチアウト

優しい水

手紙嫌い

黒い水滴

てるてる坊主

かさねことのは

船上にて



8つの短編からなりたっています

1992年から1996年にかけて小説雑誌に発表された作品を集めたもの

ブラックユーモア的な手紙嫌いから 謎解きの船上にてまでバラエティに富んだ
作品が並んでいて とても楽しく読みました

著者の若竹さん 友達に面白いよと言っても知らない人が多かったりするんだけれど
メジャー・・じゃないのかな? 私が若竹さんを初めて読んだのは大昔なんだけどな

初めて読んだのは ぼくのミステリアスな日常という本
たしか創元推理文庫でみつけたような?

すごくおもしろくて次々と若竹さんの作品を読破しました

船上にては 古本屋さんでたくさん欲しい本の中から悩みに悩んで選んだ本です
読破したといっても 図書館で読んだものがほとんどなので


でも昨日 よもぎ(飼ってるワンコ ミニチュアダックス♂おっさん)に
かまれて ぐちゃぐちゃになりました 涙


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
[PR]
# by rururumaple | 2008-09-27 15:30 | 若竹 七海

*星降り山荘の殺人* 倉知 淳

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)
倉知 淳 / / 講談社
ISBN : 4062646153
スコア選択: ※※※※


UFO研究家やスターウォッチャーなど 個性的すぎる人物達が
集結したある山荘 あることが原因で交通が遮断されて
電気も電話も通じない いわゆる1種の密室状態の孤島で
次々と殺人事件がおこります 犯人ははたして誰?



これは何か書くとネタばれになってしまいそう^^;

とても以外な人が犯人なんですが・・って書いただけで
もうネタばれになっちゃうような

似たような騙されかたをクリスティの作品でもされて ええーっと
思ったことあるんですが作品名を書いただけでネタばれになりそうな(;^ω^A


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
[PR]
# by rururumaple | 2008-09-24 19:40 | 倉知 淳

*ほうかご探偵隊* 倉知 淳

ほうかご探偵隊 (ミステリーランド)
倉知 淳 / / 講談社
ISBN : 4062705745
スコア選択: ※※※※

かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド

あのミステリーランドシリーズの1冊です
舞台は静岡県のとある小学校
次々とクラスの不要物な紛失していきます

天才肌の少年が書いた      絵
はりぼてで作られた       募金箱
飼育委員が世話をしていた    にわとり一羽
この作品の語り手 藤原高時くんの縦笛の真中だけ

なぜ不用なものが次々となくなっていくのか・・
即席小学探偵団が聞きこみや現場検証をして
謎を解き明かしていきます

このシリーズ 少年少女むけになっていますが
大人が読んでもじゅうぶん楽しめます

このシリーズで一番好きだったのが
小野不由美さんの「くらのかみ」だったのですが
これもかなりいい線いってます!

特に最後の方では謎が解明したかと思いきや
2転3転していって とても楽しく読めました


印象的だった言葉

 「世の中は面白いことでいっぱいに満たされている
  日常が面白くなかったら 自分で探せばいい
   物の見方さえ変えて探せば 愉快なことなんかいくらだって
   そこらじゅうに転がっている」


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
[PR]
# by rururumaple | 2008-09-22 23:32 | 倉知 淳

*i(アイ) 鏡に消えた殺人者* 今邑 彩

i(アイ)―鏡に消えた殺人者 (光文社文庫)
今邑 彩 / / 光文社
ISBN : 433471837X
スコア選択: ※※※※※

私は幸せな子供だった
両親に愛され ひっそりとお屋敷で暮らしていた そこに突然侵入してきたアイと叔母

狡猾なアイは父が私に注いでくれていた愛を奪っていった
そして5歳の私は 彼女を殺した

でも鏡の中の私は私ではなくなった
鏡の中の私はアイになってしまった 私が笑っても鏡の中の私は笑わない
そして オマエヲコロシテヤルと唇が動く・・ 



ずっとホラーだと思って読んでいたのに 一気にミステリー色が濃くなったと思ったら
想像もつかない犯人 

それだけでもびっくりしたのに 最後の最後でまた大どんでん返しがあって
かなりびっくりしました

とても面白かったです

今邑彩さんの作品はamazonでも新刊がなくて これは中古で買いました
捜し求めて買ってよかったと思える作品です

読むのが遅い私なんですが 最後の方はノンストップで読みました


最後まで読んで ミラージュ 鏡の意味がよくわかります

今邑さんの作品 中古でたくさん買ったので次から次へと読める~嬉しいです

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
[PR]
# by rururumaple | 2008-09-21 16:15 | 今邑 彩

*クラインの壺* 岡嶋 二人

クラインの壷 (新潮文庫)
岡嶋 二人 / / 新潮社
ISBN : 4101080127
スコア選択: ※※※※※

アルバイトとして雇われヴァーチャルリアリティ・システム
クライン2でヴァーチャルリアリティゲームを仮想体験することになった
上杉と梨沙 2人は将来発売される予定のゲーム「クライン2」を
体験して バグがないか・・などの調査をすることに
でも 2人がゲームだと信じていた「クライン2」は・・



これは今は解散してしまった岡嶋二人(おかしなふたり をもじったそうです)の作品 

二人のうちのお一人 井上夢人さんの作品も面白いです

岡嶋二人の作品の中では 私はこれが1番面白かったです
ゲームという世界・・これからどんどん発展しますよね
だから これは現実に起きるかもしれない世界です
ラストはびっくりしますよ~


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
[PR]
# by rururumaple | 2008-09-20 13:53 | 岡嶋 二人