カテゴリ:伊坂 幸太郎( 1 )

* グラスホッパー* 伊坂 幸太郎


グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
伊坂 幸太郎 / / 角川書店
スコア選択: ★★★★★

 愛する妻をまるでおもちゃのようにひき逃げされた
「鈴木」が復讐のため ひき逃げしてノウノウと暮らしている息子の父親が経営する
令嬢という名の会社に社員として潜入する

今まさに復讐しようとした矢先 目の前で男が車にひかれる瞬間を目撃する
それはどうやら「押し屋」という殺しやの仕業らしい

押し屋を尾行するよう令嬢の社員に命令されその家とつきとめる鈴木

しかし それとは別に 自殺専門の殺し屋「鯨」とナイフ使いの殺し屋「蝉」も
「押し屋」を追い求める

それぞれの思惑が集結して 鈴木のもとに「鯨」 「蝉」が集まった時
息詰まる展開の終結に結びついていく



再読です 
前は図書館で読んだのですがとても面白かったので文庫になるのを待って購入

(本屋で買ったのをすっかり忘れて古本屋でも購入したので2冊あり泣)

かっこいいといってはいけないけれど プロの殺し屋の鮮やかな仕事が
ちょっとかっこよかったりして

鯨は 彼の前に立つと自分が暗い渦に飲み込まれ後ろ暗い過去を思い出し
フラフラと死にたくなる そして標的が勝手に自殺する という殺し屋


蝉はナイフ使いの天才で 一家皆殺しが得意な若者

押し屋は 誰にも気づかれないようにそっと標的を「押し」て車にひかせる殺し屋


鈴木はいたって普通の元教師ですが 亡き妻の声に励まされ
「がんばり」ます


中盤過ぎからは押し屋を求めて 鯨と蝉が集まり(それぞれ動機は全く別物)ます


プロの殺し屋が一か所に集結した時どうなるか


はらはらドキドキのハードボイルドチックな展開でとてもわくわくしながら
読みました

2冊になってしまった本は(何度同じ失敗するんだろう・・)読書好きの
お友達にあげよう




にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
[PR]
by rururumaple | 2008-10-13 13:31 | 伊坂 幸太郎