*火の粉* 雫井

火の粉 (幻冬舎文庫)
雫井 脩介 / / 幻冬舎
ISBN : 434440551X
スコア選択: ※※※※※




裁判官だった梶間 勲はある男に無罪をいいわたし死刑判決
から
救った形となる 2年後 その男が勲の家の隣に越してくる
武内(その男)は あふれんばかりの善意で梶間一家の心をつかむ

愛嬌のある笑顔 気のきいた贈り物 老人介護の手伝い・・

しかし 武内が隣に越してきてから梶間家の周りで不審なことが次々とおこり
家族がバラバラになりかける

武内は本当に無実だったのか 勲は正しい判決をくだしたのか  


どっぷりのめりこんで一気読みでした
人物描写がとても上手で 特に小さい娘の母親(梶間家のお嫁さん)である
雪見に感情移入しちゃって 武内のいかがわしさを必死で暴こうとするのに
空すべりばかりして どんどん不利に追い込まれるところなどは
じれったくてしかたなく 能天気な梶間家の長男(雪見の夫)に腹がたってみたり

迫力ある怖さではなく ねっとりとねばりついてくるような怖さでした
雫井さんの作品はクローズドノートと犯人に告ぐを読了してますが
どれもすごく面白いです

大好きな作家さんに仲間入り(^-^)




にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
[PR]
by rururumaple | 2008-10-07 20:53 | 雫井 脩介
<< *赤いべべ着せよ* 今邑 彩 *つきまとわれて* 今邑 彩 >>